teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


秋日向

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年11月 7日(月)17時42分25秒
返信・引用
  孤族感深まるこのごろです。皆さんお元気すか。
  剃り残る顎ぞいとしき秋日向

 
 

冷や奴

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年 6月 3日(金)13時25分42秒
返信・引用
  しばらくでした。お元気ですか。
別欄で気宇壮大な海の写真など拝見しました。

何んの禍も無く、晴れた日の如くお過ごしのようで、
書き込みの俳句から、その気分を感じます。
特に3句目は悠遠の時空ですね。

私たちに、俳句の良い悪いも、出来不出来もありません。
その時々の気持が日記がわりになればよく、コミュニケーションが第一です。
今後ともよろしく。

   気紛れの 数独に倦み 昼寝かな

   夏行と 思えど積みし 書の数多

   ともかくも きょうの日終えし 冷や奴


歳の所為で、詩人賞の選考委員がまわってきて、
集中力劣化を嘆きながら詩集を読むのに四苦八苦です。(悲鳴!)「

 

ご無沙汰しておりました

 投稿者:A子  投稿日:2016年 6月 3日(金)09時38分7秒
返信・引用
  ご無沙汰しておりました。が、時々拝見させていただいております。

梓弓さんや烏洞さんの俳句に刺激されて、私も・・・
私の場合、初心者の域を出ませんので俳句と言えないかもしれませんが。
厳しい眼で見ていただけたら幸いです。

  てんと虫 水玉背負って 生まれ来し

  麦秋の 車窓流れて 今日は旅

  潮干狩り 遥か沖から 過去未来

          以上、お目汚しでした(汗)


 

真夏日

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年 5月31日(火)13時44分9秒
返信・引用
  気紛れ3句

  バス待ちの 時を償う 若葉風

  電鉄の 新緑の谷 ゴ~ット過ぐ

  真夏日の直射や 年金受け取りに

世の中きびし~い。
 

麗か

 投稿者:梓弓  投稿日:2016年 3月30日(水)10時14分36秒
返信・引用
   入学、入社、転勤など3月は、出会いと別れの季節。
嬉しいこと、もの悲しいことが交錯しておりますが、野山は
春本番を迎え、この地方の桜は間もなく見頃を迎えます。
私にとっては、花より団子の季節でしょうか

   春の句3句
  麗かや  少女の混じる  草野球

  ふらここや  塾に追はるる  子の未来

  犬ふぐり  どかっと踏んで  測量士
 

朝市いずこ

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年 3月 3日(木)17時27分11秒
返信・引用
  <春は名のみの風の寒さや>、歌の通りのこの一両日。そこへ梓弓さんの三句。
梓弓さんの句にあって、ああ春だなあと感じました。この辺では、朝市にお目にかかれないので、ちょっと寂しいです。
 

啓蟄

 投稿者:梓弓  投稿日:2016年 3月 1日(火)11時39分6秒
返信・引用
  草木の芽が萌える弥生3月となりました。まだ寒さ厳しい日もありますが、
 彼方此方に、春の息吹が感じられます3月5日は啓蟄、土に籠っていた
虫どもが出て来る頃となりました。

  早春の句

      啓蟄や  芝生に子らの  影躍る

      空と嶺  ふわりとつなぐ  朝霞

      朝市や  土の香ほのと  春野菜
 

書道を出品

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年 2月28日(日)12時52分59秒
返信・引用
  「アトリエ・アート展」(3/3(木)~6(日)=春日井市民サロン)に書道を出品します。また写真の森健さんも作品を展示します。おついでの折にでも、ぜひお立ち寄り下さい。原人  

いまごろ初硯

 投稿者:烏洞原人  投稿日:2016年 2月 6日(土)12時48分27秒
返信・引用
  梓弓さん
月例三句、待ってました。
三句目、鉛筆と寒がぴーんと響きます。絶妙の取り合わせ。さすが梓弓さん!鮮明に印象に残りました。

原人は、今日は雨だから、今日は寒いから、今日は買い物だから……、と一日延ばしにしていた習字、締め切りが迫ってやっと始めまたところです。
  日々疎し 延ばし延ばしの 初硯
 習字も俳句もやっつけ、我ながら先が思いやられます。
 

初雪

 投稿者:梓弓  投稿日:2016年 1月29日(金)09時35分23秒
返信・引用
   一月も、あと数日で終わりになります。
株安、円高、主要閣僚の辞任など、経済的にも政治的にも
波乱含みで、厳しい年明けとなりました。
明るいニュースと云えば初場所での、琴奨菊の優勝
でしょうか。

冬の句三句

  初雪に  かすかな甘さ  ありにけり

  裸木や  明けの明星  低く燃ゆ

  鉛筆に  寒のきている  硬さかな

 

レンタル掲示板
/179