teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Y.Tさま

 投稿者:たっちん  投稿日:2014年 7月29日(火)03時03分38秒
  ご質問ありがとうございます。

ケース演習は、現在実施されておりませんので、Y.Tさまのメールに回答させていただきます。
 
 

スキルアップ演習(ケース編)の解答について

 投稿者:Y.T  投稿日:2014年 7月28日(月)19時07分0秒
  先日、演習を受講いたしました。ありがとうございました。
講座の受講契約は終了したのですが、差支えなければご回答いただければありがたいです。

 質問1:昨年の昇格試験の論文(ケース論文)の評価結果において、「あるべき姿」意識が見られないとコメントいただきました。
     「あるべき姿」とは、夏目様のおっしゃる、「根本問題の対応策」と考えて良いでしょうか?

 質問2:今回頂いた「評価解説」(明和フーズのケース)の「解決すべき問題点の整理」がまだ、うまく区切れません。
     例えば、【緊急問題】の「人や組織に関する問題」として、
     自分は「青木・柴田間の業務の優先度の認識の違いがあり、アンケートの結果がまとまっていない。」
     も解答として、OKではないかと思うのですが如何でしょうか?
     (確かにアンケートは目的を果たすプロセスの一部で最重要ではありませんが、「青木・柴田間の感情面の対立」がOKなら、
     「青木・柴田間の業務の優先度の認識の違い」もOKなような気がします)

     「根本問題」の「業務に関する問題」の中に「柳自身の現状把握が不足している。」と記載されています。
     柳さんも、人や組織の一部であるから「人や組織に関する問題」と、とらえてもよさそうな気がします。
     「人や組織に関する問題」と、とらえてはいけない理由がわかりません。
以上、よろしくお願いいたします。
 

格闘してみます

 投稿者:クマ  投稿日:2013年 7月19日(金)10時56分24秒
  たっちんさんへ

早速の返信をありがとうございました。

③の『変革を実現する効果的な方法』 確かに難題であります。

まず、今の会社にとっての問題点(課題)と向き合う事から始めないと駄目ですね。
(これにも時間が要しそうです・・)

たっちんさんのお薦め書籍(論文を書くにあたっての)を購入しましたので参考にしながら、たっちんさんのコメントを注意しながら、後悔しない様に自分なりに格闘してみたいと思っております。

途方に暮れてしまった時には助言を求めさせて頂いても宜しいでしょうか?
(甘えて申し訳ありません。)

クマ

 

短期的試験対策?!

 投稿者:たっちん  投稿日:2013年 7月18日(木)23時13分40秒
  クマさん

ご質問ありがとうございます。
クマさんのご心配は、試験を控えた多くのビジネスマンに共通のお悩みだと思われます。

このサイトは、そもそもそういう方々のために開いたものです。
ですから、ここに示されているポイントに留意して記述されれば大丈夫です・・・と言いたいところなのですが、ご自身に引き付けて実践知識として理解するのは、簡単ではないのかもしれませんね。

といっても、限られたスペースで詳細に述べることは無理ですので、ビジネス小論文の最も重要な事項を書き出してみましょう。

①出題(者)が求めているものをしっかり理解し、それに適切に対応する内容を記述する。
②筆者は、仕事を通じてどのような組織貢献をしようと考えているのか、
具体的な取り組み内容を明らかにする。
③上記②における取り組みに、独自性のある自分なりの工夫を盛り込む。
④個々の文章は、短く簡潔にを心がける。
⑤全体をいくつかのまとまり(段落)に分け、それぞれに見出しを付ける。(雑誌の記事などを参考にしてください)

御社の出題に照らせば、
①は~現在の○○グループにおける変革すべき課題は何か。
②は~あなたはそれをどうやって解決し、変革を実現しますか。具体的に記述下さい。
ということになります。
この内容を、いまのうちにしっかり整理しておくことが必要ですね。
③は、「やるべきことで、できていないことをきちんとやる」といったような当たり前の取り組み(対策)では、まったく評価されませんから、「変革を実現する効果的な方法」を自分の経験値や参考書籍の知恵などを総動員して考え出さなければなりません。この内容が評価の決め手になるはずです。
④、⑤は、小論文の一般的な注意事項です。

あとは、あなた次第。「会社に貢献したい」という思いがあれば、③を何日も考え抜くでしょう。その意識変革こそが、会社のねらいでもあるのです。
 

昇格論文について

 投稿者:クマ  投稿日:2013年 7月18日(木)17時16分11秒
  はじめてメールさせていただきます。
この度、念願の昇進試験の一審査を通過し二次審査として3000字以内での論文提出をする事となりました。
テーマは【あなたは、現在の○○グループにおける変革すべき課題は何だと思いますか? あなたはそれをどうやって解決し、変革を実現しますか。 具体的に記述下さい。】
と言うものです。 (○○には社名が入ります。)

正直に申しますと、気持ちや表現を文章に表す事が苦手であります。
しかしながら、今まで地道にやってきた営業成績をやっと評価して頂き得たチャンスであり、年齢的にもラストチャンスかもしれない焦りもあり、後悔しない為にも全力で挑みたいと思っております。
たっちんさんの『論文塾』を拝見させていただき、厚かましい考えでお恥ずかしいですがこの論文テーマのポイントなどお知恵をお借りする事が出来ましたら幸いです。

私は大学卒業入社、 勤続20年 営業職をメインに間3年程労働組合も兼ねておりました。
会社は食品製造業です。 詳しくは記載出来ませんが主食にする食品・嗜好品に属する物・乳製品・加工食品 を扱っております。(乳製品・加工食品はグループ会社となります。)

現在は嗜好品に属する物の営業を担当しております。
5年程前には主食にする食品の部署にも所属して営業担当しておりました。
この様な背景となります。

スキルアップ講習を受講する時間があれば受けたいのですが、論文〆切りが7/30となっており、タイトで気持ちばかり焦る次第です。
どうかご教授ください。  宜しくお願い致します。
 

けん様への回答

 投稿者:たっちん  投稿日:2013年 1月27日(日)12時34分37秒
  けん 様

ご投稿、ありがとうございます。

質問に
>評価の説明があり、方策、プロセス、分析等が、管理職にふさわしい内容ではないと記入されていました。
とありましたが、結果だけを知らせる企業様もあるなか、フィードバックがあったのは
改善の手がかりになって、よろしいですね。

ところで、「管理職にふさわしい内容ではない」の具体的な指摘はありましたでしょうか。
たとえば、方策に具体性がないとか、ご自身の主体的な関与が明確でないといった点です。

それがあれば、足りなかった点が明確になり、対処方法も明らかになりますね。

>今年度の内容を送付することが可能です。
とのことですが、実際の試験答案の具体的な添削指導といった対応はしておりません。
理由は「代筆」に当たるような行為を避けるためです。

ただし、実際の出題をお知らせいただき、当方で用意した「演習課題」と
大きな乖離があれば、その点を調整することはあります。

しかし、実際には「企業人に問われる業務命題」は共通しているので、
当方の用意した演習課題で対応力のスキルアップは可能だと存じます。

「過去に不合格だったが、ポイントがわかった今回は無事合格できました」
という嬉しいご報告を多数いただいております。
 

昇進論文への対応

 投稿者:けん  投稿日:2013年 1月26日(土)04時12分4秒
  上級管理職への昇進は、昇進論文3500字程度の課題があります。今年、昇進試験を受けましたが、合格基準点に達していません。返却された結果には、評価の説明があり、方策、プロセス、分析等が、管理職にふさわしい内容ではないと記入されていました。論文添削者は、社外者です。上司にも論文添削を受けましたが、正直求める答えがわかっていません。来年度に再度受験する必要があります。ご指導を受けることが可能でしょうか。必要なら、今年度の内容を送付することが可能です。  

提出課題に関して

 投稿者:たっちん  投稿日:2012年 3月 8日(木)11時49分11秒
  演習に使用する課題に関するお問い合わせですが、基本的には当方で用意したものをテーマとして作成いただきます。

その理由としては、本演習はあくまでも論文のまとめ方のポイントを身につけていただくものであり、特定の出題に「解」を与えるものではないからです。つまり、どんなテーマであっても、一定水準の論文が書ける力をつけていただくことを目的としているということです。どんなテーマであってもと書きましたが、ビジネスマンに問われる課題はおおむね一定の枠内なので、本演習の設定課題は、その点をふまえて用意してあります。したがって、実戦準備としても有用だと思っております。

また、受講者の方の希望課題が実はあらかじめ社内で発表された課題であったりすることを避ける意味もあります。会場で一斉実施する形式の試験ではなく、一定期間に自宅で作成提出する運用の論文審査制度の場合、心ならずもそうした提出論文作成の手助けをすることになり、論文審査の公正さを損なう場合があるからです。

以上
 

課題論文について

 投稿者:やまさん  投稿日:2012年 3月 7日(水)23時44分53秒
  昇格試験準備のため、課題論文の演習受講を検討しておりますが、提出する論文の課題は自分で決めてよいのでしょうか? それとも与えられるものなのでしょうか?  

ありがとうございます

 投稿者:ジョン  投稿日:2012年 2月 4日(土)16時55分54秒
  課題図書の論文への盛り込み方の助言ありがとうございます。大海原でコンパスをいただいた気分です。ご助言の構成を意識して、残された時間に課題図書から学びとったことを再確認します。頑張ります。  

レンタル掲示板
/3