teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


里山を想う

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 9月 3日(土)08時06分56秒
返信・引用
  里庭では早くも「冬支度」とのこと。 こちら方面は依然として真夏日、今日も高温注意情報が出ている。
今夏の里庭の気温、35度を超えた日は一日くらいの様ながら、こちらはほとんど毎日が35度を超える真夏日の連続。
野小屋の日陰にある温度計が37~38度を指す日の多かったこと。
エルニーニョ現象の影響とやら言われているが、それもこれも地球全体の温暖化の影響だろう。
さすればこれからさらに高温化が進むのだろうか。耐え難い思い。

恵み多き里山の暮らしを表す、大きな壺に活けられた野草の美しいこと。
訪問するたびに鑑賞し、感心させられるエムさんの芸術的な感覚と暮らしぶり。
その暮らしも今年で丸15年が経過。
そしてこの間に綴られてきた「八色石里庭物語」の写真や話題等々。

kは読んだことがあろうかと思うが、シューマッハーの「スモール・イズ・ビューティフル」日本の高度経済成長期に発刊された本。
化石燃料をふんだんに使い、自然や環境を破壊し、効率化ばかりを目指す技術革新を進め、より大きく、より多く、より遠くまでを目指して経済成長を続ける、先進国の工業文明はもはや持たない。人間の身の丈に合った、人間の創意工夫や楽しみと結びついた、たとえ小さくても土地や地域とつながった暮らし、経済活動があるはずだという考え。
「小さくても大事な自分たちの土地や天然資源の面倒をよく見ること」が重要だという。
アベノミクスとやらで「成長・成長」と謳い続ける今の政治のありようにも大きな警鐘を鳴らすもの。

こうしたシューマッハーの望む生き方を実践している里山のお二人に感服しきり。
都市部には居るけれども、農地を愛し農地から生きがいを得て暮らす我々、少しでも里山のお二人に近づきたいと願うけれども現実にはなかなか・・・。

それにしても、里山を訪問するようになって15年という年月の経過。Nと三人で飲んで語った時からこんなに時がたっていたのかと・・・。


 
 

延命治療

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 6月29日(水)17時03分34秒
返信・引用
  梅雨明けが待ち遠しい。収穫時期を4期に分けて栽培した1期目のトウモロコシの収穫中。朝どりをその日に賞味するせいか、甘いといって孫たちに好評。新じゃがも美味だろう。

こちらもそろそろ人生終末期の点滴や胃ろうなどの延命治療を辞退する意思表示をしておかねば…と思っている。
「死期」の判断は難しいだろうが、口から食べることができない、本人に食べようという意識がなくなった時点を「死期」と判断してくれるよう求めたいと思っている。

母は90歳の父が人工呼吸器をつけられ苦しむ姿を見、自力呼吸ができるようになってからも、人工呼吸器が長く装着されていたせいか、誤嚥が続き口からは何も呑み込めず、点滴のみで2か月間寝たきりの状態でやせ細り、死を迎えた姿を見てきた。

そのせいか母は、高齢の身でこれからどんな病気に罹ろうとも、老衰によって飲食ができなくなろうとも、点滴や胃ろうなど医療による治療は一切しないで、静かに死を迎えたいとの思いが強く、身内の我々にその思いを伝え、自らその願いを書き留めている。

ただ現在、末期がんの患者を看取る緩和ケア施設はあるけれども、医療行為をしないで自然死を看取る施設が少ない。
医療には、命を救う使命と共に、命の自然な最期を支えるという、もう一つの大切な役割があるはずながら、現在の終末期医療にはその役割が欠けているように思う。
高齢の母ゆえに、そう遠くなく最期の時を迎えることになろうと思う。
その時に本人の願う終焉の形が尊重されれば、子供としてどんなに安らかに看取り、送ることができるだろうかと、そんなことを思っている。

今、現在、我々の望まない「胃ろう」で生きている、同期の友人のことを思うとたまらなく切なくなる。
 

H・F さま

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 6月21日(火)21時54分1秒
返信・引用
  長文のコメントを頂き感謝です。

地震 「そういえば地震あったな」という感じ、何事もなく済みました。
それにしても、九州は今回また大雨の被害の模様。言葉もないほどです。それに比べ島根は何事もなし、安寧に感謝。

新聞切抜きが20+30冊とか。貴君らしい粘りです。当方は思いつくままあちこち飛び火で結局何も残らず。
今回のレタス作りもどこまで続くものやら、甚だ疑わしい。

ところで、訂正文のこと。訂正文も「?」になっている。Mが?に文字化けしたのでは?
http://web-mimemo.com/web/mojibake/
こんなサイトもありました。
 

掲示板の訂正

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 6月20日(月)22時09分56秒
返信・引用
  文中の「?」とはは?さんのこと。投降後見ると、何故か「?」になっていた。お詫びとともに訂正。  

散歩帖から

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 6月20日(月)22時04分34秒
返信・引用
  今朝は活断層がないといわれている広島、島根地方に地震あり。里庭近辺は如何にや。

このところ何年も鑑賞していない蛍や、?さん自慢の笹百合などの写真も有難う。

当方も人生の仕舞い支度にかかり始めたものの、学生時代から続く新聞のスクラップが未だに止められず、Kのようにパソコンに取り込むような器用なことも出来ず、朝日と日経2紙のスクラップがたまるばかり。
先日、3センチ幅の簿冊を20冊廃棄処分したものの、今後見るでもなかろうに、処分できない簿冊が本棚にまだ30数冊。
仕舞い支度の難しさを実感中。

こだわりの立派なレタス収穫までの栽培過程の詳細な記録、初めての栽培にしては味、形、色合いともに上出来。
これからこの調子で他の野菜の栽培にも関心が向くのでは…と期待が膨らむ。

今、こちらはキュウリ・ナス・トマト・青と・ピーマン・万願寺唐辛子・トウモロコシ・枝豆・インゲン豆・ズッキーニ等の収穫中。
今年は施肥の量や方法・時期などに注意を払ったせいか、これまでにない早い時期の収穫量になっている。
野菜作りという仕事は元気でさえあれば生涯現役で出来る。
kが野菜作りに目覚められんことを・・・。
?さんによろしく!!

 

文庫あるじ さま

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 6月15日(水)09時16分20秒
返信・引用
  いつもごひいきに預かり御礼、です。
ご無沙汰していますが、お変わり御座いませんでしょうか?
まあ、3回とはいえ自転車に乗れるので、お元気のことと推察します。

蕾、投稿有難うございました。
正解は追ってまた。
 

蕾の数

 投稿者:文庫あるじ  投稿日:2016年 6月14日(火)22時23分28秒
返信・引用
  蕾は9個?
右後ろの奥の方にそれらしいのも…
ううう、よく見えない…
 

Re;スタッフロール

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 5月 8日(日)10時49分39秒
返信・引用
  絹さま

気づくのが遅く、お礼遅れました。
投稿有難う、です。あのような名前の表示を「スタッフロール」ということ初めて知りました。
親ばかならず、本物のばかでした。

絹さまもお元気にてご活躍のこと、時々Facebookなど開き伺っています。
それにつけてもなんと、多能・多彩なこと。そして、言葉の豊富なこと驚きいります。
無理されませぬよう、ご活躍ください。

ご両親様にも、よろしくお伝えください。
 

スタッフロール

 投稿者:  投稿日:2016年 4月30日(土)23時08分5秒
返信・引用
  にっぽん紀行の再放送、見たかったです。
公開ライブラリではヒットせず。残念。

ディレクターやカメラならばスタッフロールにお名前が出てチェックも当然ですが、
私が出稼ぎ先の番組タイムキーパーで名前が出ていた際に、わざわざ見た母もよほど親ばかですね。
お店のお客さんや宅配のオジさんにまで言われたことがありました。

印象の強い番組ではスタッフロールも見ますが、地元の局で見る人いるんだなーと驚きました。

http://ameblo.jp/yoga-prajna/

 

熊本地震

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 4月21日(木)17時01分12秒
返信・引用
  当地も今日は朝から小雨模様。震災地の九州地方は大雨の恐れありとか。被災の状況を自分たちの身に置き換えてみると、とても耐えられることではなく、活断層の上に住まう自分達の明日かもしれない。月並みながら少しでも早くに落ち着いて復興に向かってもらえる日が訪れますように・・・願わずにおれない。

今回の地震の発生源となった布田川・日奈久断層帯の地震発生予測を30年以内に0~16%という極めて高い確率を示した研究機関があったが、ほとんどの研究者の予測は0~6%であったらしい。

当地に近い南海、東南海地震の発生確率は10年以内・20%、30年以内・60~80%、50年以内・90%とある。

今、この時かもしれないし、高齢の自分達の生存中は遭遇しないかもしれないが、我らが子や孫の世代はほぼ確実に巨大地震に遭遇することだろう。

そうした時のことを想定した暮らしの設計が必要だろうが、現実にはなかなか…という状況。

 

レンタル掲示板
/40