teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


H・F さま

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 4月11日(月)08時52分19秒
返信・引用
  投稿多謝。「散歩帖」の書き出しにも書いたが、ボケ防止が主たる狙い。続けることに意味がある、と考えてはいるものの、どこまで持つことやら甚だ疑わしい。熱しやすくて冷めやすい性分が、いつ起こるか心配なところ。

ただ、「毎日記述」は宣言していない、のでよろしく。

「権力のご用新聞」から卒業したわけではない、のでこれまたよろしく。

こちらは桜の真っ最中。
 
 

散歩帖拝読

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 4月 9日(土)21時17分3秒
返信・引用
  kの散歩帖、拝読。時どきのKの思いやKの周辺の様子など知ることができる。これから時間を見つけて拝読させてもらうつもり。それにしても毎日記述となると大変だろうによくスタートしたものと感心しきり。
ホセ・ムヒカさんの「清貧の政治思想」、自分も記憶に留めたいと朝日の記事をスクラップしていた。「質素な暮らしをすることは、貧しいことにあらず」というこの思想は、加島祥造の「求めない」思想・哲理に通じるものあり。「求めない…すると簡素な暮らしになる」「求めない…すると今十分に持っていると気づく」「求めない…するとそれでも案外生きてゆけると知る」などなど。
「もう一つ、ファナチシズム(熱狂)は危ないということだ。左であれ右であれ宗教であれ、狂信は必ず、異質なものへの憎しみを生む。憎しみのうえに善きものは決して築けない。異なるものにも寛容であって初めて、人は幸せに生きることができるんだ」凡人の自分などなかなか実践できることではないが、心してそうあらねば…と思う。
原発ゼロに向けた取り組みへの理解、大いに結構なこと。
権力のご用新聞から、昔の「朝日「岩波」派に宗旨替えをしたら・・・などと余計なことを考えた。
今年の桜の花も綺麗だった。見納めにならぬよう念じての観桜となった。
 

雪国の小太りの美女 さま

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 4月 5日(火)09時00分32秒
返信・引用
  間違っていたらすみません。
「雪国の小太りの美女」さんって「麻生」さん?

雪国に住んでいる あの人は このHP読んでいるはずはないし・・・
あの人は やせているし・・・

いずれにしても、こまめに読んで頂いており感謝です。
今後もよろしくお願いします。

Mは御地方面の訪問を画策している模様です。

後1ヶ月で72歳。
草刈りと「散歩帖」でボケ防止に励みます。
 

楽しみにしています。

 投稿者:雪国の小太りの美女より  投稿日:2016年 4月 3日(日)13時20分45秒
返信・引用
  新しいコーナー「Kの散歩道」早速拝見しています。
いろいろな情報を発信して下さい。

 

Re;三寒四温

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 3月 1日(火)21時07分17秒
返信・引用
  今回の表紙のように、今冬は終わりと思っていたのですが、また冬がぶり返し今朝からまた雪。朝の積雪は8Cm程度でしたが、夕方にはおよそ13Cmになりました。確かに今年は1ヶ月ずれています。

そちらは春の仕事まっしぐらの感ですが、こちらは出遅れています。当方、昨年の今頃は孟宗竹を倒したりチップにしたりと外仕事に励んでいるのですが、今年は山はまだ雪の中、当分冬ごもりの態です。
「暮らしの手帳」という雑誌があって、少し茶色っぽい写真が気に入っていて、そんな色に加工する写真の技法を探していました。偶然ですが思わぬソフトに出会い、いまそのソフトの勉強中です。参考書を購入して奮闘していますが、なかなか高機能。1週間経ち、少し理解してきました。
そのうち、このHP内で新企画を出したいものです。

Mが、50枚も写真を撮ったのは腕がないから、と恐縮しています。
Iさんによろしく。
 

三寒一温

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 2月29日(月)10時14分8秒
返信・引用
  雪解けの滴と雪解けを待っていたスノードロップの蕾の写真、ありがとう。50枚も撮っての労作、その根気に脱帽。
昨日は全国的に温かかったようで、こちらの日中の気温18度。農園の耕作作業に従事するも、春の日に経験するような発汗あり。
2月中旬以降三寒四温ならず、三寒一温のような日々が続いていたが、明後日以降相当気温も上昇するとか。
いよいよ春近しの感あり。2月に入って温かい日は弁当持参で農園に出勤。
すでにジャガイモや春キャベツを植え、先日播いた人参や小松菜もビニール栽培ですでに発芽。春が待たれる。
地元の人に譲ってもらい10年以上使ってきた小型耕運機、油漏れなど修理不能となり今回新規購入。なんと廃棄となるこの耕運機、30年前に発売になったという代物で、よく付き合ってくれたもの。
昨秋から始動しなかったこの耕運機、引き取ってもらう日に「もしや」と思いエンジンをかけてみると、見事に始動。一畝耕作。最後の奉公をし、思い出を残して去って行く、とても無機質な機械と思えない愛着を感じた。
生まれ変わった新しい耕運機を得て、今年もまた減農薬・有機栽培の野菜作りに専念します。
М様によろしく!!
 

絹様

 投稿者:松子  投稿日:2016年 2月 2日(火)23時30分14秒
返信・引用
  餡は、砂糖は入れず塩のみなんですよ。焼いてお醤油を付けたり、茶餅にして食べます。
この塩餡の美味しさは、なかなか深いものがあります。昔はどこの家でも寒餅として、この塩餡や豆餅などを
ついていたように思います。春の蓬摘みや小豆作り、きねでの餅搗きなど何時まで続けられるかなと思いつつ。
 

草餅

 投稿者:  投稿日:2016年 1月31日(日)21時10分20秒
返信・引用
  雪はだいぶ降ったようで、少しの雪でも大騒ぎの山梨との違いを感じます。
お餅つきは懐かしい風景です。
小さい頃は、同じような作業を家族中で行なったのを思い出しました。
餅米を蒸しながら下の火にお芋を焼べて…私はそちらのほうが楽しみでした。
草餅美味しそうです。
昔は当たり前だったものが、今は贅沢の極みだと感じます。

http://ameblo.jp/yoga-prajna/

 

ふくい さま

 投稿者:K&M  投稿日:2016年 1月24日(日)07時45分25秒
返信・引用
  ご連絡、有難うございました。
お元気でご活躍のことと思います。

少し前の話です。
道の駅で、Mがたまたま手にした「しまねGIS情報パンフレット わくわくGIS」という広報誌に、昨夏の、あなた方の活躍ぶりが掲載されていました。
また、あなた方が撮影された「里庭」の写真がその雑誌の表紙を飾っていました。
ちょっと「びっくりぽん」でした。

またの来訪お待ちしています。

 

お久しぶりです。

 投稿者:ふくい  投稿日:2016年 1月23日(土)01時52分26秒
返信・引用
  お久しぶりです、昨年8月~9月の地域づくり学生インターンの際お世話になりました、ふくいです。
8月に里庭を訪ねてから早いもので5ヶ月経ちました。
遅ればせながら、HP初めて拝見させていただいております。。
地区の皆様が恋しく、時々地区のHPは訪れていたんですが。。

精力的に更新なさってるんですね!これからは、こちらもチェックするようにします。

雪化粧した地区の景色も、自分の目と肌で感じに行きたいところです。
今年は暖冬ということですが、雪はやはり少ないんでしょうか。

あと、八色石だよりの記事を見て、私が地区にいた1ヶ月だけでは知り得なかった、
様々な行事や四季の魅力がまだまだあるんだなあと実感いたしました。
1ヶ月滞在していたのが布施だったというのもあるかもしれません。
小さな出来事でも、八色石だよりで伝えていただけると嬉しいです!

タイミングがあえば、3月頃地区を再訪できるかもしれません。
その際はまた里庭の様子を伺いに行かせてくださいね!
 

レンタル掲示板
/40