teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re;冬将軍到来

 投稿者:K6M  投稿日:2016年 1月16日(土)15時51分56秒
返信・引用
  一昨日、昨日と降り続いたが、今日は一転してまた雲一つない晴天となった。雪も随分消えている。

我が方はやっと1歳半あまりなのに比べ、はや成人式とは! 晴れ着姿の孫娘さんが見れてなんともうらやましい限りである。仮に、我が方が晴れ着姿を見るとすれば丁度90歳。とてもそこまで生きながらえることはあるまい、と思っている。

昨年末Nが婿殿と帰省してくれ、その時いきさつは定かでないが寿命の話になって、小生が「80まで生きれば十分だ」とそんな意味のことを言うと、Nが「そんな欲のないことを言わないでくれ」と大いにたしなめられた。

そんな折年があけて、読売の投書欄に79歳の男性の方が、昨年古本屋で「日本の名随筆」60冊を購入した。その読破が今年の目標である、との投書をされていた。
インターネットで調べてみるとそのシリーズは今でも販売されていて(作品社)、その紹介記事の一部をコピペすれば以下のとおりである。

【「本巻」100巻(一文字シリーズ:『花』『鳥』『猫』……『命』)および「別巻」100巻(二文字シリーズ:『囲碁』『相撲』『珈琲』……『聖書』) からなり、昭和57年10月より毎月欠かさず1巻ずつ、200か月(16年8か月)をかけて、平成11年6月に全200巻の刊行を完結させた。】

これを見て、先の投書者のように1年で60冊は無理であるが、毎月1冊読んでみようかと思い立ったところである。となると、出版年月と同じ期間、向こう16年8か月が必要で、読み終わるのは89歳を迎える歳になる。
ここまで生長えるか甚だ疑問であるが、とりあえず第11巻の「酒」を購入し読み始めてみた。名文揃い、初めて読む人も多く、楽しく読み進められるかもしれない、と思っている。案外89歳まで本気で生きたい、と思い始めるかもしれない。
 
 

冬将軍到来

 投稿者:H・F  投稿日:2016年 1月15日(金)13時45分2秒
返信・引用
  八色石の里庭にも今冬初めてのまとまった降雪。こちらはまだ日中の最高気温が10度を超えているが、最低気温は零℃に近くなり、冷え込みが厳しくなってきた。これまでの暖冬の影響でエンドウや玉ねぎ、そら豆など冬を越す野菜の成長が進み過ぎ、冬の寒気が待たれたけれども古希を過ぎた高齢の身にはちょっと堪える。それでもそちらの寒気のことを思えば…。薪ストーブ、こちらの灯油ストーブなどと違って風流があっていい。
新しい年を迎え、毎度のことながら「公私ともに今年はどんな年になるんだろうか?」と…。
孫娘が成人となり、晴れ着姿を見せてくれた。こんな晴れやかな年にならなくていいが、何とかみんなが健康であってくれるように…と。
今日は朝から好天気で、農園にて昨年集めておいた落ち葉を積んで堆肥作りに汗を流した。風がなく温かかった。
お互いに健康で穏やかな年にしたいもの。Мさんによろしく。
 

RE:近況・あれこれ

 投稿者:K&M  投稿日:2015年12月 5日(土)16時39分38秒
返信・引用
  投稿多謝。気づくのが遅れ申し訳なし。

先日の雪も数日で消えた。今のところ雪は見えない。このように一度急に降る雪のことを、(貴君も承知と思うが)当地では「びったれ脅し」という。びったれとは横着者のこと。怠けて冬支度を怠っている者に脅しをかけて冬支度を急がせるために降るのだという。そういえば、小生も車のタイヤを冬用に交換しなければならないが、未だ未実施。早急に交換の要あり、である。

先日、28日から2泊日程で息子ら3人が帰省した。正月は雪が心配なこともあり早めに帰るといっての帰省であった。孫も1.5歳。かなり成長していて、正規な言葉はしゃべらないが、こちらの問いかけにはいろいろ反応し結構楽しんだ。帰省に合わせ当方ではブランコを制作して迎えたが、これにも楽しそうに乗ってくれ、製作者の喜びを味わった。ブランコの出来栄えは近々このHPに載せるかもしれない。その折は笑覧願う。

パソコンのOSを8.1から10にアップグレードした。一昨日のこと。ご承知かと思うがマイクロソフトがアップグレードを公表したのは7月末。待ちに待っていたので小生もすぐにアップグレードに挑戦したがその時は上手くゆかず一旦8.1に戻していた。
ここにきて周辺機器を増やす必要が生じ、周辺機器や周辺ソフトが増えるほど成功しづらいと聞いていて、この度思い切って再挑戦を試みた。付加したソフトはできるだけアンロード、またデフラグなども行ってパソコン内部を身ぎれいにして取り組んだところ、今回は全く問題なくアップグレードすることができた。もし今回も不首尾なら「振り出しに戻して」のアップグレードも覚悟していただけに少し安堵した。
10はサポート期限が無限なので当分は現行パソコンで楽しめそうと思っている。

雪が降って以降猪対策の電柵も電源管理など怠っているが、今のところ被害はない。猪も冬ごもりに入ったのではないかと思っている。
一昨日の夜、小・中学同窓生で忘年会を矢上で実施、Mの車で帰っている途中「のぶ垰(荻原と八色石の間にある峠)」で鹿に遭遇した。大きな角を持った立派な鹿。急停車して一瞬対峙したが、すぐに脇に逃げられた。写真を撮ればよかったと悔やんだがその間は無かった。里庭からあまり遠くないところでの鹿、近寄らないでほしいと願うところ。

治療の峠越えのこと何より。「Iさん弁当」に乾杯。Iさんによろしく!!
 

近況・あれこれ

 投稿者:H・F  投稿日:2015年11月29日(日)10時25分4秒
返信・引用
  いよいよ里庭にも初雪。こちらも先週あたりから朝夕相当冷え込んできた。黒豆の収穫、写真で見る限り、お見事。こちらは成長の早期に枝豆として食したけれど、それでも結構黒豆として収穫できそう。こちらは薪小屋如きのものはなく、屋外で天日干し。その後、猪の獣害は如何に。こちらはモグラとの戦い。畑の周りにプラスチック板を張り巡らせ、今のところそこそこの成果あり。ただこのあたりの山間地でも鳥獣の被害多くみんな自衛策に苦労あり。猪以外に猿、鹿、ハクビシン、アライグマなど里庭より獣害は多いのでは。 治療も残り12回になった。次々と先輩が卒業し、今では自分がその立場。1時間以上毎日顔を合わせていると癌友になり、いろんな人間模様が見えて、結構楽しい。年齢的には毎日ということで現役はなく、自分より高齢者が多い。Iさんに現役時代にもなかった「愛妻弁当」をお作り頂き、病院の談話室で一人昼食。治療の関係で朝食はバナナ一本とヨーグルト、野菜ジュース、豆乳のみで、昼の弁当、どんなものでも美味しいこと。「美味しい…?」という感想にIさんはご機嫌。今のところ排尿に不都合がいろいろある程度で、他に副作用はなく安堵。これからまだまだ冷え込みも厳しくなろうから風邪などひかぬよう気をつけて!Mさんによろしく!!
 

re;通院治療

 投稿者:K&M  投稿日:2015年11月 2日(月)17時28分54秒
返信・引用
  電話での話より、こうして文字を読むと読み返すこともできて痛切感が余計に伝わる。先30回といえば長い気がするが既に1/4終わったと思えば何とか気が休ますかもしれない。そうは言うものの毎日の、特に食事、アルコールの制限がつらいね。いっそ入院していれば我慢しやすいが、娑婆で通常生活していての我慢はつらいものと思う。
ただ、まあ、こちらとしてはどうしても人ごとになり申し訳ない次第。

秋も終盤になった。草刈りもほとんど完了。1ヶ所残っているのがリンドウ特区。ここは敢えて残している場所で、リンドウの結実を待って刈ることにしている。

今日の読売に獣害の特集が載っていたが、わが方も今秋はイノシシの対策に本格的に取り組んだ。これまでは、「イノシシも生きていかねばなるまい」とおおらかにやってきたが、今秋の荒らされ方は特にひどく、連夜出没して掘り返されるので、「もはやこれまで」と『里庭』の周囲を電柵で張りめぐらすことにした。これまで、一部は設置していたが、かなり抜けた部分があって、危険個所には全部張りめぐらした。その成果か今のところ1ヶ月近くは『里庭』内での出没は見られない。秋も終わり近くでイノシシ出没事態が減っていることもあろう故、真の成果は来年の様子を確認してからのことになる。

治療明けの温泉ゆき、当方十分に応じる用意あり。また連絡をとりあって!。Iさんによろしく!。
 

通院治療

 投稿者:H・F  投稿日:2015年10月31日(土)09時06分22秒
返信・引用
  こちらの今朝の最低気温、予報では8度。初霜にはまだ時間がかかりそう。土、日と通院は休み。現役時代のように土・日が待たれる身に。9回の治療を終え、残り30回、まだ先が長い。車でも電車でも1時間弱の通院時間なれど、午後一番の治療のため11時前に病院着、昼食を終え12時に排尿、その後治療まで適当に水分補給をしながら、治療時には膀胱内ほぼ満タンに、というのが治療開始の条件。それが不調に終われば治療は後回しに。これが皆大変のようながら、これまで注意1回で何とかパスしている。治療そのものは正味15分弱で痛くもかゆくもない。毎日放射線を浴びながら?今のところ特別な副作用もみられないがまだこれからか。全体として順調な排尿排便排ガスが治療の条件のようで、治療中は飲酒を禁じられ、肉類・揚げ物・乳脂肪類の物などを控え、消化のいい植物性の物を食するようにとのお達しがあり、この食事制限が苦痛。ただ金曜日の夜は少々の物は食しているという先輩諸氏の言葉を借りて、昨夜は食べたかった天ぷらを賞味。付き合ったIさんは消化剤を飲用。通院の電車は奈良・宇治・京都を結ぶ観光ルート上の電車のため旅行者が多く、秋の紅葉の旅がうらやましく思われる。貴重な71歳の秋が治療で終わると思うと残念ながら、早くに亡くなった友のことを思うと何と贅沢なことか・・・。今はただ根治を願い早く治療を終えたい…の思いだけ。鬼に笑われるかもしれないが年が明けたらゆっくり温泉にでもつかりたい。その折は又お付き合いを!。Mさんによろしく!。  

追伸

 投稿者:K&M  投稿日:2015年 4月 7日(火)18時59分27秒
返信・引用
  4月の予定。今集落で青壮年の会でパソコン教室の講師をしており、それが月曜日の夜である。
これははずせない。
好都合は金、土、日というところか。詳細はTELにて相談のことといたしたく。
 

RE;書類の整理

 投稿者:K&M  投稿日:2015年 4月 7日(火)18時53分7秒
返信・引用
  3月29日にMと一緒に松江の美術館に行き、「川端康成と東山魁夷」展を見てきた。川端氏の収集物に圧倒されたが、その中に昨年発見され話題になった初恋の人との往復書簡も展示されていた。
また先日は谷崎潤一郎の創作ノートが発見された、とこれまた大きく報道されている。
我々が彼らほどの人物になっていたら、今回の貴君の発見も大きく取り上げられたであろうに、残念ながらそこまではゆかなかった、というわけだ。

「兄弟の契り」の話、具体的には覚えていないが、高校時代のKはHにある意味敬意の念を抱いていたからそんなことを書いても不思議ではない気もする。まあ、青春時代の行動としては許してもらえるのかもしれない。

集落の方がまた亡くなり、昨日通夜、今日が葬式であった。集落の人口がどんどん減ってゆく。我々世代が死ぬると集落は機能しなくなるであろう。
近くに城跡がある。総人口が今よりずっと少ない戦国時代でも集落が存在していたわけで、当時はいかなる形式で集落を形成していたのか、不思議な感じがする。
 

書簡の整理

 投稿者:H・F  投稿日:2015年 4月 6日(月)08時10分12秒
返信・引用
  3日前に満開だった今年の桜も雨風に打たれ・・・。里山の桜はまだこれからのよう。春の七草ならぬ自然の「旬」を集めた写真、中でも立派なウド。こちらの畑でも島根の古里のウドが成長し、現在賞味中。里山でもらって帰った苗床づくり用のプラスチック版を周囲に囲み、兄貴が持ち帰ってくれた実家裏山のウドの根を育てて5,6年になる。里山のもののように長くはないけれども、しばらく酒の肴になる。昨日、以前から気になり整理をしなければと思っていた父や母、そして友人等からの書簡の整理をしてみた。高校、大学時代のもので、Kからの書簡も40通近くあり、中に面白いものがあった。自分の記憶から完全に飛んでいたけれども、なんと高校時代にKと兄弟の契りを結ぼうという内容のものがあった。自分が兄貴になれとも。そんなに密度の濃い関係であったのかと、今更ながら感慨深いものがある。Kの記憶にありや否や。
4月の帰郷、今調整中。追ってそちらの都合も聞かせてもらおうと思っている。Mさんによろしく!!。
 

(無題)

 投稿者:K&M  投稿日:2015年 3月17日(火)20時02分40秒
返信・引用
  日高さま
ゲレンデにはまだたっぷりの雪がありそうですね。晴れて気持の良い日だったのでしょう。
足元の雪が無ければ満開の桜と見紛うほどです。早く暖かくなってほしいですね。
 

レンタル掲示板
/40