teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


絹さま

 投稿者:K&M  投稿日:2014年 6月30日(月)10時28分42秒
返信・引用
  ブッポウソウは日中は雄雌交替で卵をだいている様子です。
夜は雌が抱くそうです。餌を運ぶようになればもう少し良くみれそうです。
 
 

ブッポウソウ

 投稿者:  投稿日:2014年 6月27日(金)00時09分22秒
返信・引用
  初めて見ました。鮮やかな鳥なんですね~。
こちらはカッコーが鳴いています。

巣箱を作ったら、どんな鳥が入居するか、楽しみができますね。
我が家は庭に、水浴びをしに鳥がやってきますので、
サンルームからじっと眺めています。

http://ameblo.jp/yoga-prajna/

 

Re;初夏

 投稿者:K&M  投稿日:2014年 5月31日(土)20時33分9秒
返信・引用
  このところ最高温度が30度超の日が数日続き、初夏を通り越して一気に夏がやって来た感じです。
お変わりなさそうで安心しました。ただ、「Iさんの調子が・・・」が気になります。
そちらの畑は勢いがよさそうで、緑の野菜に埋め尽くされた光景が目に浮かびます。残念ながら当方の畑はそれほど上手く行っておりません。
腰の調子ですが、お陰様でこの1週間程度 具合いよく草刈り機を使っての草刈り作業も行なっています。草刈りシーズンに間に合い安堵しています。
過日仏法僧の巣箱を移動したと報告していますが、その甲斐あってこのところ連日姿を見せてくれています。未だ巣作りに入った様子は伺えませんが、巣箱の入り口まで飛んで来て中を覗いたりしています。
なんとか営巣してくれと大いに期待していて、このところ二人の会話の最初は「来た?」というところです。
その巣箱の移動を提案してくれた人は野津さんという女性で、巣箱移動の後ヤマセミの巣を見たいと里庭に来てくれたのですが、何とその人は典子さまと千家さんのバードウォッチングの案内をした人らしく何度もNHKのニュースなどに出ていました。
 

初夏

 投稿者:H・F  投稿日:2014年 5月29日(木)20時18分20秒
返信・引用
  トンボの写真には驚き。きれいな小川のないこちらでは無理かもしれないけれども、トンボなんてまだまだ。
素晴らしいシャッターチャンス。
このところの気温はもう夏。そちらもあまり変わらない気温のよう。
こちらの農園ではエンドウやそら豆が終わり、キュウリ、ズッキーニ、ピーマンなど実のなる野菜の収穫が始まった。
今年は野菜の植え付け時に、黒マルチをかけたせいか地温が上がり、いつもの年より収穫が早まったよう。
こちらは農園に出勤しない日は、母の施設訪問や孫の世話などに明け暮れる毎日。
古希の年齢を思うとき、「一日一日を大事に!!」との思いが募る。
Kの腰痛の方は大丈夫かな? Mさんは夏野菜の植え付け無事終わったかな?
早く帰郷したいけれども、Iさんの調子が・・・。
お互いに熱中症に気を付けて・・・。
 

絹 さま

 投稿者:K&M  投稿日:2014年 4月20日(日)10時55分46秒
返信・引用
  こちら春爛漫といったところです。とても静かで人影さえみえなかった冬を越し、
田畑で働く姿や、田圃を鋤く機械の音などがし始め、春が来たと感じる日々です。
この時期はほんの少し車を走らせるだけで、随分季節の進み具合が違うものだと実感させられます。
当地はやっと芽吹きが始まったばかりで、山笑うまでもう少しかかりそうです。
  白根の春は雪を抱いた南アルプスと桃畑から始まりますよね。今はさくらんぼの白い花が満開とか。
受粉作業なども始まり忙しくなることでしょう。
初めて子供達を連れて白根東小学校へ行った時、広い広い葡萄畑の向こうに見えた富士山がとても心に
のこっています。なかなか学校に馴染めなかったNを何度も迎えに行った、葡萄畑や桃、さくらんぼ畑の
続く小道を思い出しています。あの頃自転車に二人乗り。後ろのだれかさんとても重くて、こいでもこいでも
前に進まず、おまけに空っ風まで吹いてきて…ちょっと辛い時でした。
春が来てその道がピンクや白に染まる頃、一転して元気を取り戻したNでした。そんな思い出と共に在家塚の
風景が蘇ります。いつか訪ねたいです。         まつこ
 

H・F様

 投稿者:K&M  投稿日:2014年 4月19日(土)12時00分46秒
返信・引用
  標高が320mあるので当地は今やっと春爛漫です。
御地はすでに春は終わりに近く、もはや初夏の雰囲気かもしれません。我が庭にはカツラの木がなくあの橙色の鮮やかさを味わうことができません。
日本人は殊に桜を好みます。その潔さに惹かれるのでしょう。西行、芭蕉など先人が詠う桜の詩歌にも同様の思いを感じます。
このところ腰の調子が思わしくなく、特に2日まえから痛みが強くなり少し弱っています。まあ、腰は持病ですから安静にしておればまた良くなるでしょう。
Mも多忙で、畑の方も遅れ気味です。先日ようやくジャガイモを植えました。
ハチが今冬全滅しました。原因不明です。知人から1群譲り受けまたやり直しです。
I様によろしく。
 

(無題)

 投稿者:  投稿日:2014年 4月18日(金)22時20分31秒
返信・引用
  筧もお手製なのですね。素敵です。
我が家は兄の子供が生まれたのを機に、池の水を抜いて筧もやめてしまいました。
バードバス代わりになって、よく鳥が庭へ来たものですが、今は庭石に雨水が溜まらないとやってきませんから少々さみしいです。
水の流れ落ちる音も季節で変わりますから、耳にも心地良さそうですね。

こちら南プスは夏日になることも出てきまして、今はサクランボが満開といったところです。
桜も桃も葉が萌えてきて、目には新緑が清々しい頃合いへ移ろいでおりますよ。
富士山の積雪は遅くまであったので、幾分例年よりも残雪が多い気がします。

目を転ずる全ての場所に春がぎっしり詰まっているようで、生き返るなぁと日々深呼吸しています。

http://ameblo.jp/yoga-prajna/

 

(無題)

 投稿者:H・F  投稿日:2014年 4月17日(木)10時22分38秒
返信・引用
  桜便りをありがとう。こちら方面の桜はもはや葉桜。「風にちる花の行方は知らねども、惜しむ心は身にとまりけり」という西行の歌、その真意は理解できないけれども、桜吹雪となって散る時期の桜の見事さも忘れられない。最後の瞬間まで気力を張って咲き切り、ふと思い立ったかのように飛び去っていく。「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」の諺も桜の花から伝わってくる。桜の季節が終わるとともに、庭のカツラの木に小さな橙色の若葉が付き、ハナミズキの花が満開となった。こうした自然の移り変わりから生きる勇気のようなものをもらっている感じ。新庄高校、残念でした。夏に期待。現在広島カープで永川投手が抑えのピッチャーとして活躍中、広島ファンとして嬉しい限り。
このところの好天続きでМさんの夏野菜の植え付け準備は順調?こちらも雨がなく晴耕雨読ならず、晴耕と孫の世話で多忙を極めている。Мさんによろしく!!
 

H.Fさま

 投稿者:K&M  投稿日:2014年 3月29日(土)14時51分36秒
返信・引用
  わが母校、広島新庄高校の試合 今日は土曜日でしっかり見ることができました。
まさかの再試合、明日スカッと勝ってほしいものです。テレビ観戦します。

こちらも春らしくなって来ました。庭のあっちこっちから植物が顔をのぞかせています。
春は嬉しい季節です。休みの日は畑仕事をと思いながら、雨になったり用事があったりで
何も進んでいない状態です。ぼちぼち外に目を向けなくてはと思っております。
I様によろしくお伝えください。    M


 

春の高校野球

 投稿者:H・F  投稿日:2014年 3月25日(火)15時06分56秒
返信・引用
  いよいよ自然界は春。暖かくなり急に農作業に力が入り、昨日大汗をかき、水分補給を怠ったせいか、胸やけ、吐き気、寒気、無力感などの熱中症の症状に。未だに食欲なし。Iさんから「年齢も考えなさい」との厳しいご叱責。そんな中今日はMさんの母校新庄高校が一回戦突破。
自分の母校ではないが故郷の高校という思い強く、応援に力が入った。
田舎の高校でありながら、強豪ひしめく広島の代表校というだけで立派なこと。これからの善戦に期待!!
 

レンタル掲示板
/38